普通にお酒が飲めるようになりたい!



お酒が飲めるようになりたい

もしかして、あなたも・・・

お酒が飲めるようになりたいとお悩みですか?

少量のアルコールでも気分が悪くなったり、頭痛、吐き気、二日酔いになる。

お酒が弱い人は、このような事が予想されます。

しかし、飲めないと楽しみも減ってしまいますよね。

できるなら、みんなと同じように飲みたいでしょう。


そこで、こちらでは・・・

お酒が飲めるようになる具体的な方法

を詳しくお伝えしています。

アルコールが弱い人は、ぜひ参考にしてみてください。



お酒が飲めるようになった方法

飲む2時間前にある事をするだけ!

こで、もう飲み会も怖くはありません。

※下戸をたった2時間で克服する方法はコチラ!




お酒が飲めるようになる為のポイントついて!


お酒が飲めるようになる為のポイント

お酒が飲めるようになりたい人はどうすればいいのか?

これには、いくつか対策やポイントがあります。

具体的には・・・

・体調が悪い時には飲まない

・度数の低い飲み物にする

・水と交互に飲む

・タンパク質を摂る

・ビタミンCを摂る

・筋肉を増やす

・サプリを試す


これらを実践するようにしてください。


体調が悪い時には飲まない


体調が悪い

お酒が飲めるようになりたいと言っても体調が悪い時は控えてください。

例えば、風邪を引いている時に飲めば頭痛が酷くなる可能性は高いです。

お腹が痛い時に飲めば、さらに悪化することも考えられますからね。

なので、必ず、体調を整えてから飲むようにすることが大事です。


度数の低い飲み物にする


度数の低い飲み物

お酒が飲めるようになりたいなら、アルコール度数の低い物を飲みましょう。

いきなり、アルコール度数の高い飲み物は飲んではいけません。

例えば、バーボンやウイスキーのストレートやテキーラなどです。


手軽な飲み物としては、ビールや発泡酒があります。

ビールや発泡酒であれば、アルコールは5%ぐらいなので、割と飲みやすいです。

ですが、これでもすぐに酔ってしまう人もいます。

味が苦いから苦手と言う人もいると思います。

そんな場合は、缶酎ハイでアルコールが3%の飲み物を試しましょう。

ちなみに、サントリーの「ほろよい」、キリン「氷結」はアルコールが3%で種類も豊富でお勧めです。


水と交互に飲む


水の画像

アルコールとお水を交互に飲めば、アルコール濃度が下がり、肝臓などカラダにも負担がかかりません。

なので、お酒が苦手な人には、おすすめな飲み方と言えるでしょう。

すぐに気分が悪くなる方は、水を多く飲むようにしてお酒の量を減らしましょう。

飲めない人がいきなりアルコールを摂取すると、頭痛や吐き気などを起こす原因になるので、お酒の量と水の量を加減しながら飲むといいと思います。


タンパク質を摂る


チーズの画像

お酒と一緒に糖質やタンパク質を摂るのも良い方法です。

タンパクを摂取すれば、肝臓の機能を強化しますので、その結果、アルコールの分解を助けてくれるんですね。

例えば、肉や魚、チーズや豆腐、枝豆など。

これらの食べ物は、タンパク質が豊富なので、一緒に食べるといいです。

チーズであれば、手軽でどんなお酒でも合うので、オススメ!!


ビタミンCを摂る


レモンの画像

お酒が飲めるようになりたいならビタミンCを摂取するようにしましょう。

ビタミンCは、アセトアルデヒドの代謝も促進して悪酔いを防ぎます。

ですの「で、特に下戸の人は、摂取したいところ。

よく、ビタミンCと言えば、レモンをイメージされますよね。ですが、レモン1個では、ビタミンCは15mgしかないので、あまり多くはありません。

食べ物でビタミンCを多く摂取するには・・・

ブロッコリー、キャベツ、赤ピーマン、ゴーヤ(にがうり)、キウイフルーツ、いちご等

これらの食材を食べるようにしましょう。

特にお勧めなのは、枝豆です。

ビタミンCが入っている枝豆なら肝臓の機能を強化するので二日酔いの予防にも繋がります。

なので、ビールと一緒に枝豆を食べるのは理に叶っているということですね。


筋肉を増やす


スクワットしている男性

筋肉の量が増えることで血流改善に繋がり、アルコールに強くなる可能性はあります。

なので、アルコールが弱い人は、運動不足でないか確認してください。

筋肉量を増やせばいいので、主に太ももなど下半身周りを鍛えるのがお勧めです。

スクワットであれば、効率よく筋力が付いて、足腰が鍛えられるので、オススメな方法と言えるでしょう。

但し、多少、筋力量が増えたとしても、驚くような効果は期待できないので、覚えておいてください。

お酒が飲めるようになるためにも日頃から筋トレを行うようにしましょう。


サプリを試す


サプリメントの画像

お酒が弱い人は、サプリを飲む方もいらっしゃいます。

具体的には・・・

・ゴマ(セサミン)・シジミ・タウリン

これらのサプリです。


ゴマ(セサミン)のサプリ


ゴマの画像

ゴマに含まれる「セサミン」という成分は、「肝臓を弱める活性酵素」を除去する能力があります。

また、アルコールの代謝能力や、アセトアルデヒドの解毒作用を強化すると言われています。

なので、ゴマを食べる事がいいのですが、サプリであれば、セサミンが効率よく摂取できます。


シジミのサプリ


シジミの画像

お酒が飲めるようになるにはシジミのサプリもいいです。

二日酔いの予防としてもシジミは、有名ですよね。

シジミは、肝臓で作られる胆汁の分泌を促進して、アセトアルデヒドの分解を促す作用があります。

ただ、日頃から食材でシジミを摂るとなると保存や費用の問題から、あまり現実的ではありませんよね。

なので、シジミのサプリを摂取するのも良い方法と言えます。


タウリン


イカの画像

タウリンは、イカやタコに多いのですが、シジミと同じで肝臓内の胆汁の分泌を促進し、肝細胞の再生を促す効能があります。

なので、日頃から摂取すると肝機能も高まりますし、その結果、アルコールの分解が促進されるというわけですね。

タウリンはサプリでもありますが、栄養ドリンクでも販売されていますので、急に飲み会に誘われた時に飲むのもいいと思います。

>>アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私が たった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意とは?


意味がない対策!これでお酒が飲めるようにはならない?


やっても意味がない対策

お酒が苦手だけど、もっと飲めるようになりたいという方はいます。

自分では、効果があると思っていたことが間違っていたなんてこともあるんですね。

特に次のような事は意味がありません。

・飲む前に牛乳を飲む

・飲めば強くなる根性論

・注射



飲む前に牛乳を飲む


牛乳の画像

お酒を飲む前に牛乳を飲むと二日酔いにならない・・・。

こんな事を聞いたことはありませんか?

牛乳を飲むことで胃に膜ができるのでアルコールの吸収を抑えるというのですが、これはまったく意味がありません。

なぜなら、胃に牛乳の膜ができとしても、アルコールの分子は小さいので隙間を通過して吸収されてしまうから!

それにビールなどを飲めば、それだけで胃の中は撹拌されるので、全く無意味となります。

もし、飲む前に牛乳を飲んでいるなら、効果はありませんので、覚えておきましょう。


飲めば強くなる根性論


酒の画像

酒が弱いなら飲めば強くなる。

こんなことを言う飲兵衛の人っていますよね。

でも、これってなんの根拠もないようです。

下戸の人が、無理して飲んだところで、気分が悪くなるだけです。

肝臓も悪くするので、根性論だけで無理に飲んではいけません。


注射


注射の画像

下戸が克服できる注射があるとかないとか・・・。

実際は、そんなものは存在しませんので、騙されないようにしましょう。

ただ、ニンニク注射やビタミンC注射であれば、二日酔いの改善に役立つというのですが、病院ではなく、一部の美容外科やクリニックで受けれるとのこと。

それに効果は一時的ですし、それで下戸が克服できるわけはありません。

・・・・

このように色んな情報が飛び交っていて、中には無意味なものまであるので注意が必要です。

>>アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私が たった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意とは?


お酒が飲めるようにりたいなら肝機能を高めるよう!


お酒が飲めるようになるには肝機能を高めること!

お酒が弱い人は、肝機能を高めた方がいいです。

なぜなら、アルコールは肝臓で分解されるから!

その為には・・・

・栄養バランスを考え食べ過ぎないこと

・適度な運動をする

・質の良い睡眠を取る


この3つの生活習慣の改善が大切なポイントになります。


栄養バランスを考え食べ過ぎないこと


栄養バランスを考え食べ過ぎない

肝臓の機能を高めるためには、栄養バランスを考えて食べ過ぎないことが重要です。

お肉ばかり食べるなど偏った食生活を送っていると栄養バランスは悪くなります。

ですので、お肉だけでなく、他にも、魚や野菜を摂取するようにしましょう。

そして、腹7分目で食事を終わらせることを意識してください。

栄養バランスと食事の量を気をつけることで肝機能がアップします。

その結果、ある程度はお酒も飲めるようになります。


適度な運動をする


適度な運動

運動不足と言う方は、お酒が弱くなるので注意が必要です。

普段から運動を行えば、代謝が良くなるので肥満の解消にも繋がります。

健康な体になれば、肝機能も良くなるので、多少のお酒では酔い難くなります。

ただ、運動と言っても、特に激しくなくても構いません。

長く続けることができるウォーキングなどの有酸素運動がお勧めです。


質の良い睡眠を取る


質の良い睡眠を取る

肝機能を高めるためには質の良い睡眠を取って体を休ませることも重要です。

できれば1日に7時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。

睡眠に関しては、寝ダメはできません。

毎日、同じ時間帯に寝るようにして、正しい生活習慣を送ってください。

体を健康に保つことができれば、多少のお酒でも酔い難くなります。

・・・・

お酒が飲めるようになりたいなら、肝機能を高めるためにも、これら生活習慣を見直していきましょう。


たった2時間で下戸が克服できた方法!

アルコール代謝能力無しの下戸でも
たった2時間で酒豪になった!!
しかも、二日酔いにならないなんて・・・
たった2時間で下戸を克服する方法

なぜ、医者から下戸認定されたにも関わらず、

たった2時間でお酒が飲めるようになったのか?

その秘密を次のページでお伝えしています。

気持ち良く酔いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒たった2時間で下戸が克服できた方法!