お酒が飲めるようになるには?TOP > 飲めない悩み > 酒は飲まない方が良い?

酒は飲まない方が良いのか?


お酒は飲んだ方が良いのか?

お酒は飲んだ方が良いのか?

それとも飲まない方がいいの?


こんな疑問を持たれる方もいると思います。

酒は百薬の長ともいいますしね。

少量であれば問題ないのでしょうか?

悩むところではあります。


ただ、これに関しては言えば・・・

一概には言えない

というのが正しいでしょう。


なぜなら、

アルコールを摂取することで健康に良いこともありますし、

逆に病気のリスクを高くすることも考えられてるからです。


少量のアルコールが健康に良いと言われる理由は、

動脈硬化の進行を防いで脳梗塞や心筋梗塞などの

循環器疾患の発症リスクを下げるからです。



しかし、問題なのは、少量のアルコールでも

他の病気にかかるリスクが高まってしまうこと。


その代表的な病気が、乳がん口腔がんなど。

他にも、約200の病気の発症リスクを高めたり、

病状を進行させると言われています。


だったら、下戸の人やお酒の弱い人は無理に

飲むべきではありませんよね。


飲むことで病気のリスクが高まるわけですからね。

ですが・・・

大人になれば、飲み会に誘われることもあるでしょう。

上司とのお付き合いをしなければいけない場合もあると思います。


ですので、たしなむ程度に飲めればいいのかもしれませんね。

まったく飲めないとなると飲み会にも誘われなくなりますしね。

コミュニケーションを取るためにも少量のお酒は飲みたいところ!

もちろん、無理して飲むことはありませんよ。

それに飲み過ぎれば健康を害することになりますからね。

それでも飲みたいと言うなら以下の情報を参考にしてみてください。

たった2時間で下戸が克服できた方法!

アルコール代謝能力無しの下戸でも
たった2時間で酒豪になった!!
しかも、二日酔いにならないなんて・・・
たった2時間で下戸を克服する方法

なぜ、医者から下戸認定されたにも関わらず、

たった2時間でお酒が飲めるようになったのか?

その秘密を次のページでお伝えしています。

気持ち良く酔いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒たった2時間で下戸が克服できた方法!