お酒が飲めるようになるには?TOP > 飲めない悩み > アルコールパッチテストは病院でやる?自宅でやる?

アルコールパッチテストはどこで受ければいいのか?


アルコールパッチテストはどこで受ければいい?

アルコールパッチテストってどこで受ければいいのか?

お酒が苦手であまり飲めない・・・

自分は、下戸なのか・・・・

このように心配される方もいらっしゃいます。

お酒に強いか弱いのかは、アルコールパッチテストを受ければ判断できます。

ただ、それはどこで受ければいいのか?

やはり、病院に行かなければいけないのか?

それとも自宅でできるのか?

できることなら、簡単な方法でパッチテストを試してみたいですよね。


アルコールパッチテストに関しては・・・

  • 病院

  • 市販のキット

  • アルコールと絆創膏を用意してやる


この3の方法があります。


病院で検査する方法


病院では、アルコール体質検査を受ける事が可能です。

正しくは、アルコールパッチテストとは違うものになります。

やり方は、綿棒で口の中の粘膜を採って調べる方法となります。

料金は、約5,000〜7,000円程度で、より正確な診断が可能です。

ただ、診察結果は、1週間から10日ほどかかり、再度、病院に行く手間がかかります。

ですので、料金が高いのと時間がかかるのがデメリットになります。


市販のキットを使う方法


今では、Amazonなどの通販サイトで市販のキットが売られています。

価格の安価なので、手軽にできるメリットがあります。

自宅でアルコールパッチテストをやりたい人にお勧めです。

簡易的な方法としては・・・



こんな商品もあります。


本格的にやるなら・・・

アルコール感受性遺伝子分析キット

を使いましょう。

こちらは、遺伝子を検査できる、本格的な分析キットになります。

唾液を採取して郵送するので時間はかかりますが、より詳しいことが分かります。

価格は5,700円と高めですが、病院と違い、手間がかからないのはメリットです。

以下の画像をクリックすると公式ページに移動できます。




アルコールと絆創膏を用意してやる


一番、手軽な方法としては、自分で道具を用意してやる方法もあります。

アルコールと絆創膏が簡単なパッチテストは可能です。

ドラックストアで売られている・・・

・アルコール(度数70%以上)

・絆創膏

この2つを用意します。

やり方は、簡単です。

先ず、アルコールを、2〜3滴ほど絆創膏のガーゼの部分に染み込ませる。

次に腕の内側、やわらかいところに絆創膏を貼ります。

●分析1
7分後に絆創膏をはがし、皮膚の色を見ます。

●分析2
さらに10分後に皮膚の色を見る。

分析1で肌が赤くなったらお酒が飲めない体質

分析2で肌が赤くなったらお酒が弱い体質

分析1・2で変化がない人は、お酒が強い体質


このように判断することができます。

ただし、100%正確な判定ということではありません。

簡易的な方法なので、あくまで参考程度と思ってください。

たった2時間で下戸が克服できた方法!

アルコール代謝能力無しの下戸でも
たった2時間で酒豪になった!!
しかも、二日酔いにならないなんて・・・
たった2時間で下戸を克服する方法

なぜ、医者から下戸認定されたにも関わらず、

たった2時間でお酒が飲めるようになったのか?

その秘密を次のページでお伝えしています。

気持ち良く酔いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒たった2時間で下戸が克服できた方法!