お酒が飲めるようになるには?TOP > 飲めない悩み > 酔いにくいお酒について!

酔いにくいお酒とは?


酔いにくいお酒

酔いにくいお酒ってどんなものがあるのか?

アルコールが弱い方も大勢いると思います。

飲み会に参加しなければいけない時もあるでしょう。

でも・・・

次の日は、仕事があるからあまり酔えない・・・。

できれば、酔いにくいお酒を飲みたいんだけど・・・。


人によっては、このような悩みってありますよね。

この問題を解決するにはどうすればいいのか?


こちらに関して言えば・・・

工夫次第でなんとかなる!!

と思ってください。


具体的には・・・

・ソフトドリンクで我慢する

・アルコール度数の低いお酒を飲む

・こっそり店員にノンアルをオーダーする


これらの方法で解決できます。


ソフトドリンクで我慢する


次の日、二日酔いになりたくないなら、ソフトドリンクで我慢するのも1つの方法です。

ソフトドリンクならノンアルコールなので、酔いませんし、車の運転だってOK!!

「飲まないの?」と言われても、「今日は車だから・・・。」と言えば、無理に勧めてくることはないと思います。

でも、もし飲んでしまったら代行を頼むようにしてくださいね。


アルコール度数の低いお酒を飲む


酔いにくいお酒と言うことなら、アルコール度数の低い物を飲みましょう。

家飲みなら、「ほろよい」とか「氷結」のアルコール度数の弱いお酒もあります。

ですが、お店の場合は、そうはいきませんよね。

飲み物は色々あるものの度数の弱いお酒を選ぶのは難しいでしょう。

そんな時には、店員に「酎ハイを薄めに」と頼めばOKです。

基本的には、濃い酎ハイや薄い酎ハイでも1杯の料金は変わりません。

薄い酎ハイであれば、お店側も儲かるので、喜んで薄いお酒を提供してくれます。


こっそり店員にノンアルをオーダーする


トイレに行く時など、店員にウーロン茶をオーダーするのもいいです。

その際、「みんなにバレないようにお願い」と頼むのもお勧めな方法になります。

ウーロン茶であれば、ウーロンハイを飲んでいるように見えますからね。

これなら誤魔化すことは可能と言うわけです。

・・・・

酔いにくいお酒を注文したいなら、これらの事を試してください。

アルコールが弱い人が無理して飲むと、次の日、二日酔いになることもあるので、自分の体と相談しながら飲むようにしましょう。

たった2時間で下戸が克服できた方法!

アルコール代謝能力無しの下戸でも
たった2時間で酒豪になった!!
しかも、二日酔いにならないなんて・・・
たった2時間で下戸を克服する方法

なぜ、医者から下戸認定されたにも関わらず、

たった2時間でお酒が飲めるようになったのか?

その秘密を次のページでお伝えしています。

気持ち良く酔いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒たった2時間で下戸が克服できた方法!