HOME・TOP > 下戸の悩み > 飲み会で割り勘だと損をする?

飲み会で割り勘だと損をする?


下戸は割り勘で損する?

お酒が飲めないと場合によっては損をすることがあります。

例えば、飲み会や合コンなどで割り勘にする場合です。

下戸の人は、お酒が飲めませんので、代わりにウーロン茶やオレンジジュースなどのソフトドリンクを1〜2杯頼むと思います。

ですが、その他の人は、ビールや焼酎などを何杯も飲むわけですね。

割り勘にすると周りが飲めば飲むほど損をしてしまいます。

もちろん、このままでいいわけがありません。

そこで、ここでは、下戸の人向けに・・・
飲み会仲間とどう付き合っていくべきか?

上手な断り方について!

下戸を克服する方法について!
これらについて解説していますのでぜひ参考にしてみてください。


飲み会仲間とどう付き合っていくべきか?


友達同士の飲み会で割り勘にするとどうしても下戸の人は損をしてしまいます。

普通であれば、周りが気を遣ってくれて、「あなたは飲めないから安くていいよ」と言ってくれるものですが、中にはしっかり割り勘にする人もいるようです。

飲んでいない人は、高価な物を食べればいいなんて意見もあるようですが、飲み会の席で1人だけ高級な物を食べるわけにもいかないでしょう。

ガブ飲みしておいて、きっちり割り勘にする人は、おそらく「ラッキー」と考えるせこい考えを持っているのかもしれませんね。

ですので、あなたが飲めないにも関わらず、きっちり割り勘にするというなら、付き合い方を考える必要があります。

1度ぐらいなら仕方がないとしても、何度も飲み会を開いてきっちり割り勘にされたらたまったものではありませんからね。

では損をしないためにはどうすればいいか?

選択肢としては2つあると思います。
・飲めないからその分安くしてもらう

・その仲間とは飲み会に参加しない

飲めないからその分安くしてもらう



先に「私は飲めないからその分安くしてね」と宣言しておけば、支払いの時に揉めることが少なくなるはずです。

それにあらかじめ宣言することで、ガブ飲みする人も少しは考えて飲むようになるので、その結果、飲食代も安くできる可能性もあります。


その仲間とは飲み会に参加しない


「私は飲めないからその分安くしてね」と宣言したにも関わらず、そんなの関係ないという友達であれば、付き合い方を考えなければいけません。

もう、その仲間とは飲み会に参加しなくてもいいと思います。

おそらくそのような友達と付き合っていても、何も得るものがないので次回からは断るようにしましょう。


上手な断り方について!


飲み会の誘いを上手に断るにはどうすればいいのか?

あからさまに「飲めないので割り勘だと損するから嫌だ」というわけにもいかないでしょう。

いくつか断り方を紹介しますので参考にしてみてください。
・ちょっと体調不良だから・・・

・財布の中身が寂しいから・・・

・先約があるから・・・

・明日、大事な仕事があるので・・・

・今、資格を取るので勉強中だから・・・

・家族と予定が入っているので・・・

・今、出かけているから・・・
このように理由をつけて断るのがいいと思います。


下戸を克服する方法について!


最後に飲み会で損をしない為に下戸を克服する方法を紹介したいと思います。

これまでアルコールがダメだったけど、一度は酔ってみたい、お酒を飲んでみんなとワイワイ楽しんでみたいと言う人もいるでしょう。

もし、下戸を克服したいなら・・・

お酒が飲めるようになる方法!

というのがあります。

医者から下戸と言われたにも関わらず、ある方法を試したところ・・・

たった2時間で酒豪になってしまった!

気持ち良く飲んで気持ち良く酔うことができた!

しかも、二日酔いにならない!


こんなウソのような方法が実際にあります。

アルコールを飲みたいというのであればお勧めできる方法です。