お酒が飲めるようになりたい!TOP > シチュエーション別 > 結婚式で飲めないと失礼?

結婚式でお酒が飲めないと失礼なのか?


結婚式で飲めないと失礼?

結婚式に出席して、お酒が飲めないと失礼に当たるのかどうか?

よく結婚式では、新郎や新婦の両親がテーブルにお酒を注ぎにきますよね。

その際、

お酒を断るのはどうなのか?

失礼に当たらないのか?


このように心配される方もいらっしゃるようです。

こちらに関していえば、

失礼に当たらない

と思ってください。


なぜなら、結婚式に招かれた方の中には車で来る人もいるでしょう。

そして、下戸ですね。

体質的に飲めない体の人もいます。

そんな方々にお酒を勧めたらどうなるか?


車で来た方は、飲酒運転になってしまいますよね。

もし、そこで捕まってしまったら・・・。

万が一、事故でも起きてしまったら・・・。


本当に大変なことになってしまうでしょう。

それに・・・

その事が新郎や新婦の耳に入ったら、悪い思い出としていつまでも残ります。


また、下戸で体質的にお酒が飲めない人が無理に飲んだらどうなるか?

頭痛や吐き気を襲うので、結婚式どころではなくなります。


新郎や新婦の両親がお酒を注ぎに来た場合の対処法としては・・・

・あいにく今日は車で来ていまして・・・・

・お気持ちだけいただきます・・・

・ごめんなさい、私は飲めない体質なもので・・・


このような感じで伝えましょう。

事情により飲めない場合は、ソフトドリンク等を持ってきてくれるでしょう。

たとえ結婚式であっても、絶対に飲まなければいけないという決まりはありません。


それよりももっと大事なことがあります。

結婚式なので・・・

・本日はおめでとうございます。

・お招きいただきありがとうございます。


これら挨拶はできるようにしたいところですね。

最低限、これらマナーを覚えておきましょう。

結婚式では、飲めなくても失礼ではありませんのでご安心を!!

たった2時間で下戸が克服できた方法!

アルコール代謝能力無しの下戸でも
たった2時間で酒豪になった!!
しかも、二日酔いにならないなんて・・・
たった2時間で下戸を克服する方法

なぜ、医者から下戸認定されたにも関わらず、

たった2時間でお酒が飲めるようになったのか?

その秘密を次のページでお伝えしています。

気持ち良く酔いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒たった2時間で下戸が克服できた方法!