お酒が飲めるようになりたい!TOP > 職場 > 接待で失敗しないためには?

接待で失敗しないためにはどうすればいい?


接待で失敗しないためには?

お酒が飲めない人が接待で失敗しないためにはどうすればいいのか?

営業の仕事をされている方であれば、取引先と接待することもありますよね。

接待をする側であれば、多少なりお酒は飲めるようにしたいところ。

相手から、勧められることもありますからね。


もちろん、接待を受ける側であれば、

「私、飲めないんで・・・」

と言えばそれでおしまいです。


問題は・・・

取引相手からお酒を勧められた場合です。

お酒が飲めない下戸の人が飲んだら大変なことになりますよね。

吐き気や頭痛など・・・。

まともに接待なんてできないでしょう。

このような場合は、どう対応すればいいのか?


こちらに関しては言えば・・・

お酒が飲めない体質と上手に伝えること!!

ここが重要なポイントです。


ただ、言い方によっては相手の気分を損ねることもあります。

なので、やむを得ず飲めないことを伝えましょう。

具体例としては・・・

「本来なら飲みたいのですが、飲めない体質なので・・・」

「医者に止められていまして・・・」

「下戸なので気持ちだけいただきます。」

「お酒に弱いので、どうかご容赦ください」


このような感じで伝えることがポイントです。

もちろん、ぶっきら棒な言葉では、いけません。

本当に申し訳なさそうに伝えることが大事です。

そうすれば、相手も無理に勧めてくることはないと思います。

ただ、断っても、しつこくお酒を勧めてくる場合もあるでしょう。

そんな時に備えて、考えておくことも大事です。

あらかじめ下戸のことを上司や同僚に伝えておく。

そして、もしもの時は、フォローしてもらうようにお願いする。

そうすれば、安心して接待ができるはずです。

たった2時間で下戸が克服できた方法!

アルコール代謝能力無しの下戸でも
たった2時間で酒豪になった!!
しかも、二日酔いにならないなんて・・・
たった2時間で下戸を克服する方法

なぜ、医者から下戸認定されたにも関わらず、

たった2時間でお酒が飲めるようになったのか?

その秘密を次のページでお伝えしています。

気持ち良く酔いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒たった2時間で下戸が克服できた方法!